going

読書記録と日常のあれこれ。

ケニア旅行記 ~コーヒー~

ケニアの主要産業のひとつにコーヒーがある。イギリス植民地時代の名残からコーヒーより紅茶の方が馴染みがあるケニア人の間でも最近はコーヒー需要も高まってきているらしく街中でも小洒落たカフェが増えている。今回はケニア版のスタバJAVAやちょっとお高…

ケニア旅行記 ~ナイロビ市内~

この写真だと伝わりにくいのが残念だけど活気があり、異国ということも相まって景色を見ているだけでも面白い。 街並み ナイロビ市内はオフィスビルにショッピングセンター、高層マンションなどが建ち並んでいて想像以上に発展している。道路もきちんと舗装…

ケニア旅行記 ~キベラ・スラム~

うだるような暑さの成田空港を出発しケニアへ。ドバイの乗り継ぎを経てジョモ・ケニヤッタ空港に到着したのは約20時間後。長時間のフライトでヘトヘトになりながら無事入管を通り抜け空港の外にでると自動小銃を方から下げた警備警察と目が合い一礼。一気に…

地頭を鍛えるフェルミ推定ノート|読書メモ

読み直してみた。あらためてよい内容。仕事で使える場面もあるしなにより仮説思考でサクッと推定するのは頭の体操になるので面白い。正解不正解はあまり重要ではなくて、そういう思考をクセとして使えることが大事だし今後はより求めらる能力だと思う。と言…

パナソニック覚醒 愛着心と危機感が生む変革のマネジメント|読書メモ

パナソニックコネクトCEO 樋口さんの変革メソッドが凝縮された書籍。 文化×組織能力×戦略の観点からなにをどう変えたのか、その結果、どう変わったのかをざっくり把握することができる。大企業向けなのでは?と思いながら読み始めたが、規模の大小に関係なく…

売上の地図|読書メモ

トライバルメディアハウス池田さんの書籍。マーケティングと売上の関係を20項目に分解して説明するというチャレンジングな内容。広範囲をカバーしている分、粒度は浅めな印象だがマーケ施策の売上への影響度や効果の可視化で迷子になってしまっている人にと…

ブランド 価値の創造|読書メモ

抽象的で掴みどころがないブランド。そのブランドに関する価値について書かれている本。 コカ・コーラやソニー、無印良品など、実際の企業の実例も交えて紹介されているが全体的に抽象度が高く理解が追いつかない部分もあったので何度か読み直しで理解を深め…

コーヒーで読み解くSDGs|読書メモ

SDGs、よく耳にするけどよくわからん。そんな人も多いと思う。この本ではそんなSDGsとコーヒーを結びつけて17の課題と解決の方向性をわかりやすく説明している。 コーヒー業界は生産側の途上国と消費者側の先進国という構図が形成されていて、前者は貧困、飢…

私はコーヒーで世界を変えることにした。|読書メモ

十八歳でエルサルバドルへ単身渡米し、親に内緒で大学を休学し国立コーヒー研究所で師事(それがきっかけで勘当、、)。紛争激化によりLAへ一時避難の後、UCCへ入社し25歳でジャマイカのコーヒー農園の責任者となる。その後、ハワイコナのコーヒー農園を開発…

メタバースとWeb3|読書メモ

元gumi 國光さんの書籍。シンプルに今読んでおくべき内容。過去にブロックチェーン系の書籍を何冊か読んだことがあったので苦戦することなく読むことができたけど、そもそも相当やさしくわかり易く書かれているので肌感覚がない人でも問題なく理解できる内容…