[レビュー]お水がいらない チゲうどん

ついに、うどんにも手をだしてしまったのでレビュー

というか、キンレイはうどんの方がメジャーらしい

 

なんたって「なべやき屋キンレイ」ですから

 

今回食べたのはチゲうどん

オーソドックスななべやきうどんもも魅力的だけど辛いもの好きなのでまずはチゲから

 

 外見はこんな感じ

f:id:go-sk:20200722230529j:plain

 

包装はラーメンと同じ

f:id:go-sk:20200722230540j:plain

 

横から~

f:id:go-sk:20200722230550j:plain

 

作り方もラーメンといっしょで鍋に入れて火にかけるだけ

調理時間が若干長い?うどんだからか

土鍋で調理したくなるな~

f:id:go-sk:20200722230601j:plain

 

調理開始

f:id:go-sk:20200722230612j:plain

鍋に投入



いい香りがしてきた

f:id:go-sk:20200722230515j:plain

約2分後

 

チゲのグツグツ感がたまらない

f:id:go-sk:20200722230624j:plain

約7分後

 

黒い器だと映える気がする

f:id:go-sk:20200722230640j:plain

器に盛り付け

食べた感想

コシのあるうどんと海鮮ダシがマッチして美味。具も野菜、鶏団子?が入っていてトータル的に満足感が高いなと。

味、食べごたえともにお店と遜色ないのではと思わせる一品でした

※あと、チゲだから白飯と食べたら絶対うまいだろうな

 

kinrei-shop.jp

育て、育てられ

子育ては喜びの連続だ。

まず、生まれてきてくれて、ありがとう。

 

泣いたり笑ったり、寝返りしたり、ハイハイしたと思えばすぐにつかまり立ち。
言葉を覚え、色々なことができるようなって喜んでいる姿は見ているだけで幸せな気持ちになるしパワーをもらえる。そして素直に自分のこと以上にうれしい。

 

ただ、大変さや葛藤があるのも事実。
そもそも、子育ては思い通りにいかない日々の連続。
寝ない、夜泣きですぐ起きる、ごはんを食べない、無邪気な顔でごはんをぶち撒ける。

イヤイヤ期が始まると手がつけられず、ピュアな気持からくる”何で”の深堀りに答えられないことも、、。
特に長女のときは子育て初挑戦なのだから、「予定通りにいかないのが予定通り」と過去の自分に伝えてやりたい。

 

でもやっぱり、子育ては楽しい。
だんだんと表情が豊かになり、会話ができるようになってくる。できないことができるようになる。
残業続きの週末にじっくり子供と向き合うと、成長の速さに驚かされたことは何度もある。


そんな子供たちの姿を間近で見るのはすごく楽しいし、頼もしくも感じる。
それと、”負けていられない”という競争心も生まれてくる。
成長する子供たちと日々向き合い、一緒に考え、遊び、学ぶことは最高に楽しい。

 

子育てについて感じたことを雑多に書き連ねたが、子育ては子供の成長だけじゃなく、親の成長にも繋がっている。(実際、子育ての過程でいろいろなことに気付かされ、教えられることもたくさんある。)

あらためて、子育ては、”子供と親の育て合い”なんだなと、このブログを書いて強く感じた。

 

当たり前の日々を大切に、これからも仕事と子育てを楽しんでいこう!

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

[レビュー]お水がいらないラーメン横綱

久々の更新。

引き続き、在宅勤務中心の日々。さて何を書こうかと考えていたら以前冷凍ラーメンの記事を書いたことを思い出す。

そして、在宅勤務の継続により昼食は前日の夕食の残りかサクッと作れる「何か」になる。

その「何か」としてちょいちょい食べているのが冷凍食品。

なにせ手軽なので。

という事で最近食べて美味しかったやつのことを書く。

安定のお水がいらないシリーズ

タイトルの通り、ラーメン横綱

ラーメン 横綱 | なべやき屋キンレイ | 鍋焼うどん・冷凍麺はキンレイ

京都発祥のお店らしく関西を中心に他店舗展開している。

以前食べた塩元帥も同じ感じだったな。キンレイ、関西が本社だからかな。

横綱ホームページはこれ

http://www.4527.com/company/

いざ、調理開始

f:id:go-sk:20200711011859j:plain

パッケージはこんなん

 

f:id:go-sk:20200711012000j:plain

鍋に入れて弱火で設定

 

f:id:go-sk:20200711012011j:plain

2-3分したら中火にする

f:id:go-sk:20200711012022j:plain

器に盛り付けて完成

調理時間は正味5,6分。

ラクすぎる。

盛り付け方がヘタでネギが全然ないように見えるけどちゃんと入ってます。

感想

見た目よりあっさりしててうまい!けど家系の豚骨醤油感とはちょっとちがう。個人的には横浜家系の方がすきかな。特に麺が細麺ストレートよ中太縮れ麺の方がいい(なら家系食べろって話だけど)
スープはこってりしてるけど飲みやすくて好み。家になかったけどにんにく入れたら絶対もっとうまくなりそう。
豚骨醤油にメンマは関東だと珍しいけど個人的にはメンマいいね。食感も豊かになるし。ラクに食べれるラーメンとしては全然おすすめ。ごちそうさまでした~

[レビュー]お水がいらない 塩元帥 塩ラーメン

以前たべた横浜家系ラーメンが想像以上にうまかったので別メニューに手を出してみた

なんで塩ラーメンかって?

一番近くのスーパーの棚にたまたまあったから笑

でも、家系ラーメンめちゃくちゃうまかったし今回の塩もうまいんだろぉなと

ハードル上げつつのレビューです。

 

外装はこんな感じ

f:id:go-sk:20200411010044j:plain

パッケージ表

そもそも「塩元帥」を知らなかったけど関西にあるチェーン系(暖簾分け?)の

お店なんですね。

ググったら公式HPがトップにでてきて「日本一のラーメンを皆様へ」との表記が!!

 

より味への期待値が高まる笑

 

 ↓一応公式ページ

 塩元帥・公式サイト(暖簾分け希望者募集中!)

 

つくり方はパッケージ裏に記載

つくるというよりパッケージから鍋に移して火を掛けるだけ!

ラクだ!

f:id:go-sk:20200411010642j:plain

パッケージ裏

 

麺とスープの2層構造

f:id:go-sk:20200411010928j:plain

具材を横から

 

凍ったまま鍋へ

f:id:go-sk:20200411011106j:plain

鍋投入直後

 

スープが溶けていい香りが漂ってきた

f:id:go-sk:20200411011255j:plain

中火で3分後位

 

器に盛り付けて完成!

具材は足しておらずデフォルトで

f:id:go-sk:20200411011437j:plain

完成

 

中太ストレートでのどごし良さそう感が出てる

f:id:go-sk:20200411011552j:plain

麺の感じ

 

あっさりしてるけんだけどダシが効いてて見たよりしっかりした味

麺は見た目通りのどごしがよくて硬さも丁度いい(硬さは煮込み具合でコントロールすればいいのか?)

お店の味を全く知らないけどこれ自体が相当うまいのでお店も絶対うまいんだろぉなぁ

関西方面に行くことがあれば行ってみよう

 

まとめると、今回のやつもめっちゃうまかった!

300円ちょいだし、つくり方簡単でラクだし、サクッとうまい塩ラーメンを食べたいな

らこれ一択では?(他の冷凍塩ラーメン食べたことないけど笑)

 

あと、在宅勤務してると毎日の昼飯を考えるのと作るのが面倒になるときもあるので

在宅ワーカーの方々には絶対おすすめします

きっと奥さんもよろこぶはず!

 

キンレイの公式ECか近所のスーパーにあればぜひお試しあれ

 

kinrei-shop.jp

 

※写真を見てて気付いたけどうちの鍋、だいぶ年季入ってきたな、、買い換えよう笑

 

 

[レビュー]お水がいらない 横浜家系ラーメン

Facebookのフィードで冷凍ラーメンの話題が盛り上がっていたのでキンレイの「お水がいらない 横浜家系ラーメン」を購入

ascii.jp

話題になっていた記事では家系以外がレビューされてたけど自分は家系大好きなのでこちらをチョイス


f:id:go-sk:20200314124725j:plain
パッケージはこんな感じ

f:id:go-sk:20200314124227j:plain
ザ・家系


水がいらいないことを忘れて鍋に水をいれてしまいそうになるがこれは「お水がいらない」シリーズ


f:id:go-sk:20200314124319j:plain
作り方がラクすぎる

家系ラーメンはそこそこ色んなお店で食べてきたのでどこまで再現できているのか興味半分、疑い半分でいざ調理開始
(といっても鍋に置いて火をかけるだけ笑)

f:id:go-sk:20200314124512j:plain
まずは弱火で

ちょっとスープが溶けてきた
家系特有のとんこつの香りもふんわり

f:id:go-sk:20200314124956j:plain
2~3分でいい感じに馴染み始める

もうこの時点で家系
食べたい気持を抑え作り方の指示に従いもうちょい待つ

f:id:go-sk:20200314125104j:plain
沸騰して家系臭MAX!(=いい香り)

作り方には8分って書いてあったけど麺硬めが好きなので6分ぐらいで火を止め、どんぶりへ

f:id:go-sk:20200314125454j:plain
見た目は完全に家系(当たり前か)

f:id:go-sk:20200314125712j:plain
麺をリフト

この時点で気付いてしまった
絶対うまいと

いや、バイアスはよくないと考え直しフラットな気持で麺をすすると、、


うまい!
お世辞抜きでほんとうまい!

下手なチェーン系の店より全然うまい!(3回目)

チャーシューはまあまあかな、、
(そもそも家系でチャーシューを売りにしている店は少ないけど)

スープの油と濃さもちょうどいいし自分で水を入れないから味のブレもなさそう(逆に濃いと思ったら水を足せばいい感じに調整できそう)

あっという間に完食でごちそうさまでした

率直な感想
お店と遜色ない味で相当レベル高い
家系ラーメンとしての再現性がめちゃめちゃたかいし麺とスープのバランスも最高でボリュームも普通に1人前という感じ

冷凍なので何個かストックしておいて飲んで帰ってきた日とか休日の昼飯なんかにちょうどよさそう

強いて言えばチャーシューがめっちゃ縮んで小さくなったが残念だったのでもう少し大きくして欲しいなぁ

ただ、1食300円ちょいなのでコスパを考えたら満足度はめちゃめちゃ高いのは間違いない

家系好きはもちろん、そうでない方も一回はお試あれ

kinrei-shop.jp

次は台湾ラーメン食べてみようかなぁ

資本コスト

資本コストとは

資本コストとは企業が資金調達をするにあたり発生するのコストのこと

例えば、銀行から融資を受けた場合、返済義務の他に金利を支払い義務も発生する。
この「金利」が資本コストそのもの。

調達したお金=資本に掛かるコスト=費用なので「資本コスト」と呼ばれている

資本コストはどうやって決まるのか?

端的に言うとリスクとリターンの関係で決まる

とある企業に融資をする場合、一部上場企業と創業したてのベンチャー企業の場合、あなたならどちらに融資をするだろうか?
また、その利子率はどう設定するだろうか?

上場企業の場合は信頼や実績もあり手堅い事業を行っていれば比較的低金利で設定できる

一方ベンチャー企業の場合、信頼や実績もないしとりっぱぐれる可能性もあるので、そもそも融資しないか融資しても高い金利を設定しなければ割りに合わない(背負うリスクに対して)
のは容易に想像できる

なので、資本コストはリスクの大きさで決まると言える

資本コストは2つに分けられる

一つは銀行などからの融資
もう一つは投資家からの出資
前者はデット、後者はエクイティと呼ばれている

具体的な違いは以下の通り

1.デッド(負債)
調達先  銀行、債権市場等
返済義務 あり(企業→調達先)
経営監視 ほぼ無し
利益   ローリスク・ローリターン
その他  倒産したても残余資産を受ける権利あり

2.エクイティ(株主資本)
調達先  投資家、ファンド
返済義務 なし(企業→調達先)
経営   あり(出資比率や調達先のスタンスにより異なる)
利益   ハイリスク・ハイリターン
その他  倒産したら返済義務なし

企業側からしたらいずれもメリット・デメリットがあり、
企業のフェーズ、方針により調達方法は様々

ちなみに、返済義務の有無や経営への関与度合いなどの違いからデッドは「約束」、エクイティは「所有」と言われている

デッドとエクイティを最適化することで企業は企業価値の最大化を図ることができる

超初心者がコードクロニクルを使ってみた

とりあえずやってみた感想

まだ始めたばかりだけど、いわゆる「お勉強」が苦手なヒトでも抵抗感なく続けられそうな印象。

キャラ選定やガチャで仲間を増やしたり、コインやポイント、ランキングなどなど、楽しみながら進めていくうちに気づけばプログラミングの基礎の基礎ぐらいまでは覚えられそうな感じ(実際はそんなに甘くないか、、?)

何から手を付ければいいかわからない場合は学習動画が無料(一部有料)で見られる自分みたいな超がつく初心者にはありがたいポイント。(動画見ればほぼ問題なく解けるはず)

これからプログラミングを始めるヒト、過去に挑戦したけど挫折したヒト、すでに学び始めてるけど復習や自分のレベルがどんなもんか試してみたいヒトは一回やってみる価値あり

おすすめポイント

1.ゲーム感覚なので純粋に楽しみながらプログラミングを身に付けられそう

2.PHPRubyPythonの言語から選べる(今後も随時追加予定とのこと)

3.基礎動画で予習・復習ができる

無理なく楽しめる設計と問題を解きたくなる仕組み・サポート体制があるのでプログラミング初級者にちょうどよさそう。それと小学生や中学生向けのプログラミングのとっかかりとしてもってこいかな。

ゲームの流れ

※paizaへの登録は割愛

  1. まずはゲームスタート

    f:id:go-sk:20200126204131p:plain

     

  2. あらすじの説明を聞いて

    f:id:go-sk:20200126204242p:plain

  3. 冒険のパートナーを選択(いい感じの渋さを醸し出すアントニオに決定)

    f:id:go-sk:20200126204444p:plain

  4. 探索から挑戦したい言語を選ぶ(Pythonにしてみた)

    f:id:go-sk:20200126204710p:plain

  5. 問題をクリアするとポイント、コイン、ダイヤがもらえる
    ↓これが問題

    f:id:go-sk:20200126210737p:plain


    ↓クリアしたときの画面

    f:id:go-sk:20200126204932p:plain

  6. 問題がわからないときは動画を活用
    動画はpaizaラーニングと連携していてほぼ無料で閲覧可能

    f:id:go-sk:20200126205202p:plain

    f:id:go-sk:20200126205408p:plain

  7. ポイントやアイテム(コイン、ダイヤ)を使ってガチャができる
    収集欲を掻き立てる→アイテム欲しくなる→問題解いてアイテムゲットのPDCA

    f:id:go-sk:20200126205949p:plain

  8. 仲間を増やして好みのパーティ編成

    f:id:go-sk:20200126210215p:plain

まだ初期の初期だけどざっとこんな流れです

これをきっかけにプログラミング続けてみようと思います

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ